2017年02月16日

クラウンセルクリームは角層だけではなく細胞間脂質まで保湿

こんにちは、澄子です。
春が待ち遠しくなる2月ですが、肌乾燥もマックス値。
そして、乗り越えると肌が敏感になる季節・・・と乾燥肌にはつらい時期が続きますね。

肌トラブルの防止には、一に保湿、二に保湿。

角層だけではなくその間の細胞間脂質まで潤いを届けて、根本的な保湿ケアをするクリームをご紹介します。

クラウンセルクリーム





クラウンセルクリーム101.jpg


人の細胞間脂質(バリアー成分)に限りなく近づけた保湿クリームです。

使い方が変わっています。
洗顔後、化粧水の前に使うクリームです。

クラウンセルクリーム102.jpg


先に主成分のご紹介を・・・。

セラミド
角質層の細胞間脂質にもともとある潤い成分で、水分をサンドイッチ状に挟み込みお肌の潤いを保ちながら、水分蒸発を防ぐ働きをします。肌のバリア機能を強化するため、外部からの刺激や細菌の親友を防ぐ機能もあるため、敏感肌への補給をオススメ。

γリノレン酸
人の体に必要な必須脂肪酸の1つで、細胞のコンディションを整えて肌本来の元気を取り戻します。γリノレン酸は、食べ物からの摂取が難しいためスキンケアでの補給が大切なんです。

ヒアルロン酸
人の皮膚や関節に存在し、水分を保持する能力に優れた成分です。わずか1グラムで水6リットルを蓄える保水力があると聞いたことがある方も多いかと思います。肌乾燥、しわ、ハリの低下にはヒアルロン酸の補給も必要なんです。

PCA-Na(ピロルドンカルボン酸ナトリウム)
アミノ酸代謝物の1つで、角質層にある天然保湿因子(NMF)の約1割を占める重要な役割を果たします。吸湿性が高く、角質層に浸透して強力な保湿効果を発揮し、表皮の増殖と角質の水分量・水分保持力をアップし、小じわを改善します。


細胞間脂質とは、角質細胞と角質細胞の間にある脂質のことです。
この部分に水分が含んで留まっている状態が乾燥肌から脱するのには必須条件。
角質細胞だけでは根本的な保湿ケアして、肌のバリア機能を十分に発揮できません。

クラウンセルクリーム103.jpg


クラウンセルクリームは、「細胞間脂質」を見本に開発されたクリームなので、角質細胞と同時に細胞間脂質までケアできるという大きな違いがあるのです。

クラウンセルクリーム104.jpg


かためのクリームです。

クラウンセルクリーム105.jpg


乾燥がひどい部分にはたっぷりしっかり!

クラウンセルクリーム106.jpg


とても伸びがよく、濃厚なクリームなのに、肌にすぐに馴染むます。
肌なじみの良さに驚きますよ。
手肌につけると分かるのですが、潤いのベールで手を守るので、水仕事をしても水が弾くので手乾燥から守ってくれます。

クラウンセルクリーム107.jpg


全くべたつかない、すぐに肌に浸透して馴染むので、顔だけではなく、手や体の乾燥ケアにも適しています。
こちらは洗顔後の顔につけた様子です。

クラウンセルクリーム108.jpg


つけてすぐに肌がサラリとします。

クラウンセルクリーム109.jpg


その後は、化粧水をつけると肌がしっとり滑らかに。
保湿ケアはしすぎることがないと思っているので、ホホバオイルで油分補給です。

クラウンセルクリームは肌の奥まで潤いをしっかり届けて肌細胞を整えてくれるクリームです。

肌乾燥にお悩みの方やステロイド軟膏から卒業したい方は、是非お試しください。








posted by 澄子 at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめスキンケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

白漢しろ彩…その後も使用し続けています

ごぶさたしております。

遅ればせながら・・・
新年あけましておめでとうございます。

今年も皮膚の悩みを持つ方にお役にたてるような商品のご紹介をしていきますので、
どうぞ宜しくお願いします。

昨年9月にご紹介した肌の赤みを鎮めてくれる化粧水。
(その時の記事はこちら→白漢しろ彩

白漢しろ彩
(「はっかんしろさい」と読みます)

その後も継続して使用しています。

白漢しろ彩1.jpg


成分もチェックしてみてくださいね。
白漢しろ彩2.jpg


乳白色のみずみずしい化粧水。
くせなくさっぱりしてますが、とても浸透が良いので肌の内側の水分補給がたっぷりできて、内側から肌質改善をしてくれると思って愛用中です。
白漢しろ彩3.jpg


白漢しろ彩5.jpg


昨年の夏、肌を過信して洗いすぎたことがありまして、
潜在的に肌を支配している眠っていた毛細血管拡張症の症状を引き起こしてしまいました。
肌表面を削ってしまったように真っ赤に腫れてしまったことがあります。
白漢しろ彩4.jpg


この症状、1週間ほどで落ち着いたんですが、ここ最近は多少のことがあっても
すぐに回復していたので、もともと毛細血管拡張症なんだ!という自覚を忘れつつありました。
その後は、肌の状態がよく見えても冒険はもうしていません(笑。

今は冬の乾燥期なので、ますます注意が必要ですね。

白漢しろ彩6.jpg


↑は今日の肌の調子です。
白漢しろ彩を私のスキンケア・ラインに加えて半年弱。
パサパサしていた肌にみずみずしさを感じるようになりました。

『やさしい』洗顔後に、白漢しろ彩化粧水で水分補給をたっぷりして肌を整えてから、
ホホバオイルを2滴ほど。

乾燥が肌の最大の敵なので、良質のスキンケア商品を揃えてたっぷり保湿しています。

興味のある方は公式サイトをチェックしてくださいね↓

バナー原稿imp




posted by 澄子 at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 赤み解消ケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月16日

アトピー性皮膚炎へのワセリンの有効性について

こんにちは、澄子です。

先日ご紹介したワセリンベースの美容液「mamori」の記事で、
ワセリンがアトピー性皮膚炎に有効性があることが発表されたと書きました。

その発表のプレスリリース(http://www.riken.jp/pr/press/2016/20160426_3/)を見つけましたので、PDFファイルにしてこちらに添付しておきますね。

アトピー性皮膚炎モデルの原因遺伝子を解明 _ 理化学研究所.pdf

興味のある方は、じっくり読んでみてください。

ただそうは言っても、ワセリンは、私の場合、毛穴を塞ぐことでの吹き出物発生がすごいため使えませんが。

ワセリンをご使用の方もいらっしゃるかと思いますので、ご参考になると嬉しいです。





posted by 澄子 at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | インフォメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月13日

美容液ファンデ「薬用クリアエステヴェール」で日中の乾燥防止

数日前に、今月24日まで半額以下のキャンペーン中のお知らせが来て、もう日数も残り僅かなので慌ててご紹介です(^o^)

最近、わたしが使っているファンデーションです。

マキアレイベル「薬用クリアエステヴェール」

(仕上げ用の薬用プレストパウダーも併用しています)
薬用クリアエステヴェール24.jpg


無添加・医薬部外品の美容液成分62%のファンデーション。
詳しくは公式サイトでご確認ください→マキアレイベル「薬用クリアエステヴェール」


とにかくお肌が乾燥するこの季節、日中メイクで赤みをカバーしながらしっかり保湿ケアができるのが最大の利点だと思います。
薬用クリアエステヴェール25.jpg


もちろん刺激もないですし、伸びが良いので厚ぼったくもならず乾燥した空気から肌を守ってくれるので、何もつけないよりも肌の調子がいいです。

それと重要なことがもう一つ。
メイク落としがとっても楽なこと。ゴシゴシしなくてもすっきり落ちるので、メイク落としでの肌の負担が最小限に抑えることが出来るんです。

もちろん、その後は、昨日の記事でも書きましたが、「白漢しろ彩」→「mamori」→「ホホバオイル」の3ステップで、水分補給・保湿ケア・油分補給で外気から肌をしっかり保護しています。

興味のある方は期間限定のキャンペーン中に是非チェックしてみてくださいね。

公式サイト:マキアレイベル「薬用クリアエステヴェール」







2016年10月12日

mamori〜ワセリンの使用感が苦手な方におすすめ

こんにちは、澄子です。
ちょっと正確な時期は覚えておりませんが、最近、ワセリンがアトピーに有効性を持っていることが分かったことが学会で報告されたことがニュースになっていましたが、ご覧になった方いらっしゃいますか?

ワセリンは確かに保護剤としては良いものだと思いますが、つけている間中ベタベタが不快なのと、毛穴も塞いでしまうので、私の場合は大きな吹き出物の原因になってしまって、超乾燥肌を取るか、吹き出物だらけの肌を取るかのジレンマでした。

そんな感じでしたので、ステロイド軟膏を減量し始めた際には、たっぷりのホホバオイルと美容サプリメント等を併用していたのですが、その時これがあれば間違いなく使っていたのに・・・と使ってみて感じた保湿ケアの商品をご紹介しますね。

mamori 保護美容液-整・潤・白-

世界で初めてワセリンで作られた美容液です。

mamori10.jpg


ワセリンの弱点を克服し、利点を活かした超乾燥肌に頼もしい保湿スキンケアなんです。

◯精製度の高いワセリンで水分蒸散を防止
市販では販売していない医療用の最高純度のワセリンを配合し、お肌の常在菌のバランスをコントロールして、お肌を整えます。

◯皮膚が持っている常在菌バランスを整え、お肌を弱酸性に保ちます。
ニキビやアトピー等の肌のトラブルの原因である常在菌のバランスの乱れを整えてくれるテフロースを配合し、様々なトラブルに対応。テフロースは抗炎症効果、病原菌の付着抑制効果、抑臭効果(デオドラント)もあり、出来てしまったニキビを抑え、さらには予防までもしてくれる大変優れた成分です。そして、常在菌バランスが保たれた肌は、弱酸性となり、さらにお肌を守り保護してくれるのです。

◯天然保湿成分で乳化
mamoriは界面活性剤を使わずに天然保湿成分のレシチンで乳化する技術を開発。
ワセリンは、油膜を張ることで水分蒸散を防ぎますが、レシチンはそのワセリンの弱点の浸透性を補ってくれるものです。

◯セラミドとビタミンC誘導体も配合
お肌に水分を保つセラミドと、即効性と72時間もの持続性を持つビタミンC誘導体も配合し、水分を蓄える力と抗酸化作用で乾燥・シワ等から肌を守ってくれるんです。


ワセリンとは思えない乳液のようなみずみずしい感触です。
mamori11.jpg



肌に薄く伸ばしやすいので、皮膚摩擦の心配なくつけることができます。
mamori12.jpg

肌馴染みがとても良く、ベタベタ感のないしっとりした肌になります。

mamoriはオールインワンの美容液ですが、私は洗顔後にまずは先日ご紹介した赤み改善のための化粧水「白漢しろ彩」(赤みが薄くなってきています!)で水分補給をしてから、こちらのmamoriでしっかり保湿ケア。
そして、もう乾燥期ですので、定番のホホバオイルを2,3滴手の平に取ってから顔全体に薄く伸ばしています。

なので、洗顔後の現在の私のスキンケアは、「白漢しろ彩」→「mamori」→「ホホバオイル」の3種類。
乾燥防止はもちろんですが、保湿ケアばかりに集中してしまうと吹き出物ができやすいのですが、毛穴を完全に塞がないので吹き出物もできることなくしっかり肌を守ってくれるスキンケア方法になっているようです。

最近、私がずっと注目しているライスパワーエキスNo11配合のアトピスマイルライスビギンも成分や働きがmamoriとは違いますが、つけた感触は似ている気がします。mamoriの方が、若干、肌表面を覆う潤い感が強めかもしれませんね。ワセリンの保護効果か、ライスパワーエキスNo11の水分保持力を高める効果か、どちらも甲乙つけがたい良さがあると思います。

急に寒くなってきて乾燥した空気にまだ肌が冬モードになっていない今の季節。
皆さんにも保湿ケアは是非おすすめしたいと思います。

mamoriに興味のある方は、公式サイトで詳しくチェックしてくださいね。

公式サイト:ワセリンなのにベタつかない!満足度98%の保護美容液



posted by 澄子 at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめスキンケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする